司法書士

借金問題を解決するにあたり、弁護士に相談するということは一般的な方法として挙げられるでしょう。ただし、弁護士以外にも借金問題を解決できる専門家がいることはご存知でしょうか。その専門家は司法書士と呼ばれる人達です。それでは、弁護士と司法書士違いについて説明します。

司法書士まず決定的に違うところがあります。それは費用面です。弁護士は一般的な考え方で高いというイメージがあるかと思います。否定はできませんし、案件によっても金額に差がありますので、明確な金額は出せませんが、同じ案件で比較してみると弁護士より司法書士の方が費用は安いです。それでは同じ案件でなぜ司法書士の方が安いのでしょうか

それは借金問題の案件でできる案件とできない案件が存在しているからです。また、司法書士は債権者の代理人になることが認められていません。その為、裁判所への申請書類などの作成はできますが、債権者に代わって裁判をすることができません。更に140万円以上の案件は司法書士ではできません。従って、多額の借金を抱えている人で専門家に依頼するとなれば、司法書士ではなく弁護士に依頼しなくてはいけないということです。ただし、案件や金額によっては司法書士で済む場合がありますので、ケースを見て司法書士に依頼するかどうかを決めましょう。